いびき対策グッズよりもいびき対策枕のクビックス

若いころはいびきなんてかいたこともなかったし、両親や祖父母のいびきを笑っていました。ところが、36歳あたりから、いびきをかくようになったのです。しかも、自分のいびきでびっくりして目が覚めるくらいになりました。女性としてどうなんだろうと悩んだり、友達とも旅行に行くのが怖くなったりしました。いびきの原因を調べると、加齢ということのほかに、肥満ということも考えられるそうです。私は若いころと比べたら、5キロほど太ったので、まずはダイエットに励みました。そうすると、首の気道が圧迫されなくなったようで、だいぶいびきが小さくなりました。全くゼロになったわけではありませんが、満足しています。主人もいびきが大きいので、少しダイエットしてもらいました。5キロほど痩せるとやはりいびきが小さくなりました。でもお酒を飲んだ夜はどうしても大きくなります。そんなときは、片方の肩を優しく触るようにしています。そうすると、相手をびっくりさせることなく、いびきを止めることができます。例えていうなら、エステなどで寝てしまったときに、エステティシャンさんが両肩を優しく触って起こしてくれるようにするのです。すっと意識が戻り、いびきが治まりますのでおすすめです。